医療×体験

【画像】魚の目の芯がどれかわからない人へ【抜き方と除去後もレポ】

気づけば足の裏の一部がぼこっと膨らんでいて、歩くとその部分が痛い

足の悩みの中でも多いと言われる、「魚(うお)の目」がぼくにもできてしまいました。

最初は時間が経てば自然に治るのではないかと考えていましたが、10カ月ほど経っても一向に良くなりません。むしろ、痛みは強くなっていきました。

そこで、市販薬を購入して治療を試みたところ、わずか2日で治ったのです。

ぼくのように足の裏に魚の目ができて痛みを感じながら日々を過ごしている人も、ドラッグストアなどで手に入る市販薬により、悩みが解消するかもしれません。

今回は、医療ライターのショウブ(@freemediwriter)が魚の目の治療の様子について写真を載せながらレポートしていきます。ご参考ください。

魚の目とは 症状や原因

魚の目とは、足の裏や足の指の皮膚が一部だけ厚くなった状態をいいます。中心に硬い芯があるのが特徴です。

似たものとして「タコ」が挙げられますが、タコには芯がなく、痛みを感じないことが多いそうです。

医療機関のサイトなどによると、サイズの合わない靴を履いていたり、歩き方に癖があったりすることで足の特定の部分に過度に負担が加わり、皮膚の表面にある角質が体を守ろうとして厚くなるといいます。

魚の目は刺激が一点に集中することで芯ができ、その芯が皮膚内部の神経を圧迫するために痛みが起きるそうです。

小さな靴とO脚が魚の目の原因?

原因には覚えがあります。

10カ月ほど前に靴を買ったんですが少し窮屈で、履き始めてから痛みを感じるようになったんですね。

そして気づけば、右足の裏が下の写真のようになっていました。

魚の目ができた右足の裏歩けなくはないですし、痛みも軽かったので放置していたら、今度は左足の外側にもできてしまいました。しかも2つ。

魚の目ができた左足の裏ぼくはO脚なので、歩くときに脚の外側に重心がかかっていることも影響しているかもしれません。

魚の目ができてからなるべく重心を外に向けないよう気をつけていたんですが自然には治らないので、いいかげんに治そうと思った次第。

フリーランスになってから歩くことが増えたのも一因かもしれないですね。会社で記者をしていたときは車での移動がほとんどだったので。

市販薬(ジェルコーンリムーバー)の効果は?

ネットで調べたところ、魚の目の治療方法としては薬物療法、レーザー治療、液体窒素を使って取り除く方法、手術が挙げられるそうですが、痛みもひどくないのでまずは市販薬で治るか試しました。

買った商品は、フットケア用品を製造する「ドクターショール」の「ジェルコーンリムーバー」。

魚の目の市販薬ジェルコーンリムーバー魚の目の市販薬「ジェルコーンリムーバー」

魚の目の薬は主に塗り薬とはるタイプの2種類があり、ともに角質を軟らかくする「サリチル酸」が配合されています。

薬で魚の目を軟らかくして、芯をはぎ取るわけです。今回買ったのは塗り薬です。

早速、実践していきましょう。

魚の目の市販薬治療 1日目

魚の目の市販薬治療

厚く盛り上がった部分にジェル状の薬を塗っていきます。

魚の目に薬を塗る様子 魚の目の治療の様子

1分後。薬が乾燥して白く固まりました。これで歩いても平気ですね。

説明書によると、入浴後に塗った方が効果的だそうですが、塗った後に入浴したり水に触れたりしても問題ないといいます。

こうやって、1日に複数回、塗ってはがすを繰り返すといいそうです。

魚の目の市販薬治療 2日目

さて、どんな変化が見られるのでしょうか。治療2日目の朝、魚の目を初めてはがしました。

魚の目の治療の様子

とれた魚の目おお。白い皮膜がぺリぺリとはがれました。爪でひっかくと芯の角質も取れました。気持ちいい。

まだ中心部が少し盛り上がっていて、芯が残っているようです。被膜と角質をはがした後、再び薬を塗りました。

そして、3、4時間ほど経った昼過ぎにもう一度はがしてみました。

魚の目の治療の様子

とれた魚の目今度は両足ともきれいにはがれました。

耳あかの大きいのがボロッと取れたときに近い爽快感です。芯の直径は5㎜ほど。

でも、スムーズにいきすぎでは?  これで完治なのでしょうか。

1時間後に外出。歩いてみると…

痛く…ありません!

別に生活に支障が出るほどの痛みではなかったんですが、普通に歩けるのはやはりいいものです。

そして、2日目の夜もまた固まった薬剤をはがしました。

魚の目の治療の様子

魚の目の治療の様子きれいに芯の部分だけへこんでいます。触ってもへこみがはっきりとわかります。とても気持ちいい。

魚の目の治療 3日目と4日目

芯が取れたということは、タコの状態になったということでしょうか。するとこのまま、タコの治療に移行? ネットで調べてみると、治療方法は変わらないようです。

引き続き、薬を塗りました。

魚の目の治療の様子

魚の目の治療の様子芯があった所は平らになってきましたが、2日経っても角質はこれ以上取れません。

痛みはなくなったので、とりあえず市販薬での治療を終えることにしました。

皮膚科医を取材することもあるので、取材終わりにタコの治療はどうすればいいか聞いてみることにしましょう。

ぼく程度の状態であれば他の人も市販薬で治るかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか。

それにしてもたった2日で芯が取れて痛みがなくなったのには驚きました。

痛みを感じた当初にやっておけば、このモヤモヤはすぐに解消されたのでしょうね。「早期発見、早期治療が大切」とは医師から聞きますが、改めて実感した次第です。

【追記】魚の目の芯が取れた後にどうなったか

タコの状態から最終的にどうなったかを伝えますね。

魚の目の治療の様子

魚の目の芯が取れてから3日後です。両足ともに自然とタコが小さくなりました。

魚の目の治療の様子さらに3日が経ちました。左足のタコが外側からめくれていき…

魚の目の治療の様子きれいにはがれました!

魚の目の治療の様子 魚の目の治療の様子

取れたタコです。直径が1.7㎝、厚みが2㎜ほど。

この後、右足もきれいに取れました。

魚の目が取れてタコの状態になったときにどうすればいいのか疑問でしたが、ぼくの場合は放置すると自然に取れました。

ドクターショールのサイトには、魚の目が取れた後についてこう書かれています。

芯が取れた箇所は、いわば傷口が剥き出しの状態。そこからウィルスが感染して、今度はいぼができたなんてシャレになりません。

しっかりと消毒して、絆創膏などで傷口を塞いでおきましょう。

そしてこの機会に、今までの歩き方や靴の選び方、足裏の筋肉について考え直すことをお勧めします。

つらい魚の目を繰り返さないためには、根本的な原因を取り除くことが一番。        

タコが取れてから2カ月ほど経ちますが再発はしておらず、快適に歩けています。痛みがないのは素晴らしいですね。

魚の目の治療の注意点

最後に、注意しておきたいポイントをまとめておきます。

  • 魚の目は芯を完全に除去しないと再発するおそれがある
  • 無理に芯を取ろうとしてひっかきすぎたり、カミソリなどで削りすぎたりすると細菌が感染して炎症を起こす可能性がある
  • サリチル酸は皮膚の正常な部分にも作用して皮膚を傷つけてしまうおそれがあるため、薬を塗るのは角質の厚くなった部分に留めること

ちなみにぼくが購入したドクターショールのジェルコーンリムーバーはアマゾンプライム対象商品なので、プライム会員であれば最短で翌日に届きます。

ドラッグストアにも売られている商品ですが、近いうちにお店に行く機会がない方はこちらをどうぞ。早めに悩みを解消できるかもしれません。

以上、医療ライター庄部(@freemediwriter)が報告しました。

【追記2】はるタイプの効果は?

この記事を書いてから長く異常はありませんでしたが、2年半が経った2020年1月に再発してしまったので、今度は薬剤と保護パッドが一体となったはるタイプの薬を使ってみました。

この時期も少し小さい靴を履いていたので、再発したのはそのせいかも。

魚の目右足 魚の目左足

再発した箇所は同じですが、全体的に前よりも症状は軽く、左足にできた魚の目は一つだけでした。

魚の目市販薬

ドラッグストアで買った生活用品メーカー・ニチバンの「スピール膏」。

魚の目市販薬 魚の目市販薬

製品の中身。

パッドの中にサリチル酸が配合された薬剤が埋め込まれています。

魚の目市販薬 魚の目市販薬

接着剤が付いたパッドを患部にはり、さらにその上から固定用のテープをはります。

あとはこの状態を保ったまま過ごし、2、3日ごとに新しいパッドと交換するように、とのこと。

魚の目 魚の目

塗るタイプと同じように、2日後には魚の目が取れました。

あとの経過も同じですね。タコの状態になり、やがてタコの角質も軟らかくなり、はがれました。

魚の目の薬「塗り薬」と「はるタイプ」どちらがいいか?

配合成分が同じなので効果も同じでしたが、ぼくは塗り薬の方がいいと感じました。

はるタイプは、一度はったらある程度そのままにしておいていいのがメリットですが、はる行為自体がぼくからすればちょっと手間だったんですね。

さらに、パッドが少し厚いので小さめの靴を履いていたら一層、窮屈になります。

そして、気持ち悪いと感じたのが入浴後。濡れたパッドを使い続けないといけないのがちょっと嫌でした(入浴する度に交換してもいいのかもしれませんが)。

塗り薬とはるタイプのメリット・デメリット

塗り薬のメリット

  • 患部が厚くならない
  • 不潔な感じがしない

塗り薬のデメリット

  • 1日に数回、塗る必要がある

はるタイプのメリット

  • はった後に手間がない

はるタイプのデメリット

  • はるのが意外と手間
  • 患部に厚みが出る
  • 不潔な感じが気になる

いずれもぼくの主観であり、好みがあると思いますが、参考になればうれしいです。

はるタイプのデメリットが気にならない方はこちらの方が向いている可能性もあると思います。