予防と治療

40歳以上は「目」も注意 中高年に多い悩みトップ3と対策、見つけ方

さまざまな病気は加齢に伴って発症しやすくなりますが、それは「目」においても同様です。

目の病気は直接的に死に結びつくわけではありませんが、失明すれば生活の質が著しく落ちてしまうことは容易に想像できるでしょう。

過去に取材した医師によると、目の病気も生活習慣病やがんと同じように40歳を境に発症しやすくなるといいます。

中高年に起きやすい目の症状とその原因、簡単にできるセルフチェックの方法を紹介します。

「見えづらい」「乾く」「かゆい」が悩みのトップ3

「40歳以上の患者さんのおよそ8割は何らかの症状を抱えていますね。特に、『物が見えづらい』『目が乾きやすい』『目がかゆい』の3つが目立ちます」(取材した眼科医)

それぞれの原因を見ていきましょう。

まず「見えづらい」についてですが、これは近視や遠視、老眼(老視)といった目のピント調節機能の異常によるものと病気によるものに分かれますが、「特に注意したいのは後者」と医師は話します。

病気によっては最悪の場合、失明する恐れがあるためです。

ポピュラーな病気として知られるのが白内障です。

「視界がかすむ」「光がまずしい」「物が二重に見える」などの症状があればこの病気が疑われます

白内障は加齢により眼球の「水晶体」と呼ばれる部位が白く濁ることで起こる病気で、80歳を超える有病率はなんと100%。程度の差こそあれ、全ての人がこの病気にかかっているというのです。

一度濁ってしまった水晶体は時間が経っても元には戻りませんが、手術によって水晶体を人工のレンズに換えることで症状を軽減させることができます。

近年、日帰り手術を行っている医療機関が増えていますね。

自覚症状がないまま進む緑内障に最も注意

白内障以外にも注意すべき病気はあります。

  • 加齢黄斑変性…物が歪んで見えたり視野の中心が欠けたりする病気
  • 糖尿病網膜症…糖尿病の合併症の一つ。視界がかすむなどの症状が現れる

これらがその代表例ですが、医師が最も注意喚起をしているのが緑内障です。

なぜなら、緑内障は日本人の失明原因のトップである一方、初期には自覚症状を感じないことがほとんどで発見が遅れやすいためです。

緑内障は視神経に障害が起こることで視野が徐々に狭くなってしまう病気です。一般的に視野は端から欠けていくことが多く、また片方の目に病気が起きてももう一方の目が全体的な見え方を補正するので異変に気付きにくいといいます。

緑内障は40歳以上のおよそ20人に1人がかかると考えられていますが、日本緑内障学会が行った大規模調査では、有病者のうち診断されて病気が判明した人はわずか1割だったそうです。

早期発見が重要であるものの、それがなされていない状況がわかりますね。

しかも、今のところ完治させる治療方法はなく、点眼やレーザー治療、手術によって進行を遅らせるしかないといいます。

「緑内障は怖い病気ですが、眼科で専門的な検査を受ければ見つけられます。40歳を超えたら症状がなくても検診を受けましょう」(取材した眼科医)

スマホの普及で「目の乾き」増加

パソコンやスマートフォンが普及して目を酷使することが増えたことで、目の乾きや開きづらさを訴える人が増えたことも近年の眼科の特徴だといいます。

眼科医によると、人間がまばたきをする間隔は通常、3秒に1回ほどであるそうですが、パソコンやスマートフォンの画面を見続けているとまばたきまでの時間が長くなっていき、中には10秒を超える人もいるそうです。

まばたきが減ると涙の分泌量が低下、目が乾きやすくなってしまい、この状態が続いていると慢性的に涙の分泌量が減り、質も悪くなってしまい目を潤す能力が低下してしまうといいます。この状態を「ドライアイ」と言います。

さらに、ドライアイを放置していると今度は眼球の前面を覆う角膜が傷つきやすくなり、重症になると角膜に無数の傷がついてしまい、視力が低下してしまうこともあるというのです。

取材した眼科医は自分でできるドライアイの予防策としてはこんなことを挙げていました。

  • 意識してまばたきを増やす
  • 空調の当たらない場所にいるようにする
  • フードが付いたメガネをかける

治療方法としては、点眼薬の使用や涙の排出口に栓をする「涙点プラグ」という方法があります。

花粉症の根治をめざす治療も

見えづらさとかゆみに続いて3番目に多いという「かゆみ」の原因の多くは花粉症だといいます。

眼科医が話す治療のポイントは「早期開始」花粉が飛び始める1ヵ月ほど前から始めるのが望ましく、春の花粉であれば1月中旬くらいから始めると効果的だそうです。

また現在、スギ花粉が原因の花粉症に対しては根治が見込める治療法もあります

アレルギー物質を含むエキスを舌の下に垂らして飲み込むことで徐々にアレルギー物質への免疫を高めていく「舌下(ぜっか)免疫療法」と呼ばれるものです。

1日1度の服用を最短でも2年間は続ける必要があるため、患者にとって負担は軽くない治療ですが、臨床試験では症状の軽減を含めて約8割に効果が確認されたといいます。2014年に保険適用されました。

目の病気 簡単セルフチェック方法

最後に、目の病気の疑いがあるかどうかを簡単に調べられるセルフチェック方法も紹介します。

それは、「アムスラーチャート」と呼ばれるものです。

アムスラーチャートには縦線と横線が格子状に記されていて、中心に点が打たれています。

これを顔から30㎝離して、片目ずつ真ん中の点を見てみましょう。普段からメガネやコンタクトを使っている人はその状態で確認します。

周囲の線が歪んだり中心部が暗く見えたりすれば、網膜(眼球の内壁の最も内側にある膜)に異常が起こる加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症などの疑いがあるそうです。

「アムスラーチャート」でネット検索をすれば図を見ることができるので、利用してみてはどうでしょうか。取材した眼科医も「患者に手渡している」と話していました。

リンクをはっておきますね。

http://www.rvo-eye.com/advice/selfcheck/

まとめ

眼科医も話していたことですが、40歳を過ぎた人は眼科で検診を受けるとともに、自宅ではアムスラーチャートを使ってセルフチェックするといいでしょう。

目の病気を早く見つけられる可能性が高まり、“最悪”を防ぐことができます。